外壁塗装の基本 外壁塗装の業者 外壁塗装の職人のコト

外壁塗装の業者の探し方とポイントを徹底的に書いてみました。

 

 

外壁塗装の業者ってどこに頼めばいいの??

外壁塗装の業者って塗装屋さんじゃないの?

外壁塗装の業者の探し方は・・。

 

こんな疑問・悩みのある方に向けて書いてみます!

 

 

ハケ兄(はけにい)
外壁塗装の工事完了あとに、その外壁塗装工事にあなたが満足出ているかどうかは、

外壁塗装を依頼する業者がかなりのウエイトを占めているのです。

ですので、外壁塗装の業者は十分に吟味してから選ぶことが本当に大事になってきます。

 

まず外壁塗装の業者の事知ってください!

 

 

本記事では、本当にたくさん存在する外壁塗装業者を、

一級塗装士の資格を持ち20年以外壁塗装に携わっている私が出来るだけわかりやすく私情を交えて書いていきます。

 

 

外壁塗装の業者の事、知っていますか?

外壁塗装を依頼できる業者は本当に沢山あります。

 

外壁塗装依頼できます!

ハウスメーカー(積水ハウス、パナホームなど他多数)、ホームセンター(コーナン、ダイキなど他多数)、家電量販店(エディオンなど)、大阪ガス、工務店、塗装店

など、

ザッと挙げただけでもこれだけあります。

 

多分もっといろんな異業種の業者も、

「外壁塗装やりませんか?」

って宣伝していると思います。

 

こんなにたくさん依頼できるところがあったら迷って当然です。

 

外壁塗装の業界に関してチョット知ってないと決断できないですよね。

 

ですので、この機会にこのページで外壁塗装を依頼できる業者に関してチョット詳しくなっておいて欲しいです。

外壁塗装の業者のタイプは4つ 一般的なメリット・デメリット

外壁塗装を依頼できる業者は、ホントにたくさんあるのですが大きく4つのタイプに分けることができます。

  • ハウスメーカー
  • 外壁塗装リフォーム営業会社
  • 工務店
  • 塗装屋・塗装店・ペンキ屋

もうちょっと詳しく言うと、塗装屋とそれ以外、とも言えます。

 

塗装屋以外は、外壁塗装の窓口になっているということなのです。

 

それぞれの業者が自社で塗装士(職人)を社員として雇っているということはほとんどなく、

外壁塗装などリフォーム工事は協力会社または提携会社という下請け業者の塗装店などに外注しているのです。

 

「結局どこに頼んでも、塗装屋さんがやるんだったら最初から塗装屋さんに頼んだほうが良いのか・・・?」

 

というとそうばっかりでもないので、

この4つのタイプに関して外壁塗装を依頼した場合、ここでは一般的なメリット・デメリットについて見ていきます。

 

大手ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、まさにお家を建てる会社のことです。

 

よくテレビのCMなどで見かける、

セキスイハウス、パナホーム、旭化成、トヨタホーム、ダイワハウス

などなどです。

ハウスメーカーなのですが、外壁塗装に関してはリフォーム部門があります。

チョットした修繕などはハウスメーカー社員でもやりますが、

外壁塗装など実際に工事するのは外注の協力会社というくくりの下請けの塗装店が施行するのがほとんどです。

 メリット

どこのハウスメーカーもテレビのCMのおかげで知名度は抜群で安心感は間違いないです。

企業の名前、イメージもありますので、クレームにもちゃんと対応してアフターフォローもしっかりしています。

 

しかしながら、実際の外壁塗装の作業は外注の塗装屋がします。

基本的には(あくまでも基本的にはですが)、資格の所有や講習の受講など細かい規定があり、どんな塗装職人でも作業ができないようにはなっています。

塗装屋の会社内でもハウスメーカー仕様、一般住宅仕様と、分けてるところは多いのではないでしょうか。

 

仮に工事に関してなどなど何があっても、文句は言いやすいし、結構聞いて対応してくれます。

ここはさすがはハウスメーカーさんです。

 

デメリット

ハウスメーカーのデメリットは、圧倒的に高いことです。

また、小回りが利きにくい。

 

工務店

工務店は昔ながらの地域密着しているところが多いです。

実際に工務店からの外壁塗装の仕事をするときは、

その工務店の近くのお家が多いです。

 

「お家の工事は全て地元の工務店にお願いしています。」

と言うところもあるのではないでしょうか。

メリット

痒い所に手が届く、といった感じで、

「ちょっとここも塗っといて」

みたいな細かい要望にもとりあえずは対応できるところですね。

 

デメリット

大きなテレビCMをだしてる工務店から小さな1人親方的な工務店までいろいろあり、

一概に工務店といっても依頼する工務店で費用もかなり変わってきます。

最終的には塗装屋さんに外注しますので、

費用的にはあまり安くはありません。

 

外壁塗装などリフォーム営業会社

実際に私はここの4つのタイプ全てで外壁塗装の仕事をしたことがあるのですが、この外壁塗装関連の営業会社が一番ピンからキリまであるなあと言う印象です。

塗装屋の会社の中で営業部門を作って、外壁塗装専門営業会社としているところもあります。

 

また事務所と営業マンだけの営業会社も多数あります。

直属の塗装店はあるかと思いますが、基本的には外注の塗装店が作業します。

 

ハケ兄(はけにい)
ここで昔話を一つ。私が初めて外壁塗装の仕事をした時、この営業会社の仕事だったかと思います。

20年くらい前なのですが、この会社は何度か名前を変えて今はもうないでしょう。いわゆる訪問販売「訪販」でしたね。

何が言いたいかといいますと、この手の営業会社で小さい会社はたくさんあり、すぐに作れますし潰せます。

 

会社がなくなれば工事の責任追及が出来なくなるので会社を作り直して何かあったら逃げる、

みたいな本当に悪質なことをする業者がいました。

 

訪問販売自体は悪くないのですが、悪質なやり方が横行しがちなところですので、その業者を吟味する必要はあります。

間違いなく言えることは、直ぐに契約する必要はないです。

 

外壁・屋根塗装の資格

外壁塗装の工事に関しては免許や資格は法的にも必要ありませんが、建築塗装の資格では、国家資格である一級塗装士・二級塗装士があります。

ただ優良な塗装店といわれる会社では、一級塗装士・二級塗装士という資格をもった職人は大勢いたりします。

建築塗装の資格として会社から取得するよう促されることが多いですね。

一級塗装技能士、二級塗装技能士とは
7年以上の実務経験が必要。(二級は5年)。

実技試験と学科試験を両方クリアしないと合格とはならない。

 

ホームセンター、家電量販店、スーパーなどの外壁塗装

よく行く知名度のあるホームセンターやスーパー、家電量販店でも外壁塗装などリフォームの依頼が出来ます。

 

よく知っているお店が多いので依頼しやすく、アフターフォローもしっかりしている感じですね。

 

塗装屋 塗装店 ペンキ屋

呼び名は違いますが、どれも同じ意味です。

外壁、屋根の塗装はどこに依頼しても、ほぼ塗装屋がします。

 

塗装屋さんてちょっと怖い・・・という方、読んでみてください。⇩

外壁塗装の塗装屋が怖い…と思う方へ

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の工事をする塗装屋さんて、どんな人たちが来るのかな・・・・、 ちょっと怖いな・・・。   外壁塗装工事の前にちょっと不安に感じているかたも多いと思います。 &nb ...

続きを見る

 

外壁塗装、屋根塗装のプロフェッショナルです。

 

ここは間違いなく自社施工ですね。

 

施主から外壁塗装開始までの流れ

外壁塗装を依頼できる業者については大体わかったかかと思います。

これらの業者に依頼したらどういう流れで外壁塗装の工事までたどり着くのか説明します。

 

施主から外壁塗装開始までの流れ

施主(お客様・お家の方)

⇩ 依頼

ハウスメーカー・工務店・営業会社

⇩ 発注

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩ 施工

外壁塗装開始

この流れで依頼出来ていれば、まず正常な状態かと思います。

正常、とかってどういうことかといいますと下の流れのようなことも実際にはあり得るからなのです。

 

かなり異常な最悪の状態

施主(お客様・お家の方)

⇩ 依頼

ハウスメーカー・工務店・営業会社

⇩ 発注

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩発注

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩発注

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩ 施工

外壁塗装開始

これってかなり異常なんですが、

ホントに忙しかったりすると下手したらあり得る業者もあるのです。

 

下の方に行くほどに業者が受け取る費用は下がっていきます。

外壁塗装を施工するまでに利益を抜いて下へ下へ降りていきます。

これを中間マージンと言ったりします。

 

正常な状況でも外壁塗装の窓口になる業者がいる以上この中間マージンは必ず発生します。

ただ上の正常な流れの中で塗装屋が受け取る費用は、

塗装屋が「この金額ならちゃんとした仕事ができる」と、見積もりした費用ですので工事には差し支えないのです。

 

ですが下の最悪の流れの場合では、施主が適正な費用を支払ったとしても、

中間マージンが発生するために最終的に外壁塗装を施工する業者には工事が適正にできる費用が支払われないこともあり得ます。

 

中間マージンが適正な外壁塗装工事に必要な費用を圧迫するということは実際に起こっています。

 

では塗装屋に直接依頼するのが良いのか・・・?

外壁塗装に悩んでいる

中間マージンが発生するからハウスメーカー他に依頼したくないな・・

ちょっとでも安くしたいな・・

 

ハケ兄(はけにい)
塗装屋に直接依頼したからといってびっくりするような安い値段ではできませんよ。

 

塗装屋に直接依頼

施主(お客様・お家の方)

⇩ 依頼

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩発注

外壁塗装開始

 

塗装屋に直接依頼してもアフターフォローは大事ですから

外壁塗装というものはは工事完了したからといって外壁塗装が完全に終了!というわけにはいかないことも多くあります。

 

塗装した直後は、だれがどんな作業をしたとしても大体がきれいになっていることが多いので、

「わー、きれいになった!」

で一応工事完了します。

ですが、早ければ数ヶ月で塗装がめくれたりなどの異常が出たりすることもあります。

 

これは適正な仕事をしていても起こりうることなのです。

 

アフターフォローは必要なケースもありますので、外壁塗装後の保証期間が数年は用意されているのが普通なのです。

 

中間マージンにはそういう意味合いもある部分もありますので、塗装屋に直接依頼したとしても、

それらに該当する費用は見積もり金額に上乗せされていることがあります。

 

ですので、塗装屋に外壁塗装を直で依頼したからといって、ギリギリの費用では施工してくれないということです。

 

それでも、信頼できる塗装屋に直接依頼できるのであれば、ハウスメーカーなどに依頼することを考えれば費用的には安く依頼できますます。

 

塗装屋が塗装屋の下請け業者になりうる状況

塗装屋の下請けの業者が外壁塗装の工事に来たのですが・・・・

というお家、実はめちゃくちゃ多いのが実情です。

 

塗装屋の下請けの塗装屋がいる状況

施主(お客様・お家の方)

⇩ 依頼

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩発注

塗装屋・塗装店・ペンキ屋

⇩発注

外壁塗装開始

 

先ほどのハウスメーカーなどが入っていてもこの状況はあります。

 

外壁塗装・屋根塗装他リフォーム関連業界は超忙しい人手不足・・・の現実

塗装屋としては、ハウスメーカー他から入ってくる仕事をこなしていくには、

完全に自社だけでは追い付かないという内情もあります。

 

協力会社というなの下請けの塗装屋に発注している塗装屋も少なからずあります。

 

しかし、塗装屋の下請け業者とはいえ、

ハウスメーカーなどの仕事を受ける業者はハウスメーカー指定の資格習得してなど、適正な状態で作業は行っているのがほとんどです。

そうでないと作業させてくれません。

 

 

ただ、リフォーム業界全体で考えると人手不足は否めません。

昨今の台風や地震の被害の修復に加えて、消費税の値上げ前の駆け込みなどなど、住宅に関する作業があちこちで必要とされてきています。

 

そんな状況の中それぞれの業者が適正に安全に作業できるようまた、

お家の方に満足していただけるように色々と工夫されているのは間違いないと思います。

 

ハケ兄(はけにい)
協力会社(下請け)でもプライドを持ってきっちりした仕事をしている業者はたくさん知っていますよ。

こうなると、下請けかどうかより、その作業する職人の環境の問題になってきます。

 

外壁塗装の業者を探し方と業者を選ぶ際のポイント

ここまで外壁塗装を依頼できる業者のことを、私情も少しは入れつつ一般的なことを説明してみました。

ここまでの内容を頭の片隅に置いておくだけでも、これから外壁塗装を考えるって方にとっては違った良い選択ができるのではないかなと思っております。

 

外壁塗装に悩んでいる
具体的に外壁塗装の業者はどうやって探したらいいの??

 

ハケ兄(はけにい)
そうですよね・・そこ大事です。具体的に外壁塗装の業者の探し方ですね。

それと外壁塗装の業者を探してから選ぶという場合に絶対に必要なことがいくつかあります。

 

外壁塗装の業者選びで、3つの絶対に不可欠なポイント

外壁塗装の業者選びで、絶対必要なものが3つあります。

業者の選びの前にこのポイントについて触れておきます。

注意

  • 業者の種類や中間マージンは存在していることなど理解
  • あなたのお家の見積もり金額の相場を知る 複数の見積もりを取る
  • その営業マン・その職人信頼できる人間かどうか時間をかける

 

業者の種類や中間マージンは存在していることなど知っておくのは大事

このページをはじめから読んでいただけていれば大丈夫なことなんですが、

業者に関してのある程度の知識は絶対持っておかなければいけません。

 

外壁塗装完了後、最終的にあなたが後悔することなく納得するためにも必要なことなのです。

 

複数の見積もりを取り、あなたのお家の見積もり金額の相場を把握しておくのは必須

外壁塗装の業者選びで、あなたの大きな判断の基準となってくるものが、

見積もり金額です。

 最初の段階としては、まずは家の大きさなどの条件だけでの一般的な見積もりを知っておくのも良いでしょう。

ザックリとでも把握しておくことは大事です。

ただあなたのお家のための見積もり金額というのが絶対に必要になってきます。

 

「隣のお家の外壁塗装の工事がこれくらいだから・・・」

 

というようなものではないということです。

 

家というものは立地条件、環境などはその家ごとに違っていますので、家の傷み方、劣化の仕方も変わってきます。

ですので、そのお家に対応した見積もりが必要なのです。 

その費用が高いのか、安いのか比較できる外壁塗装の見積もり金額の相場が絶対に必要になります。

見積もり金額の相場を知るには、複数の業者に見積もりを取ってもらって照らし合わせたときにはじめてわかります。

 

最近では手軽にネットからでも見積もりができるところも増えてきました。

 

その営業マン・その職人が信頼できる人間なのか吟味する時間をかける

あなたが外壁塗装の業者に見積もりを依頼した場合、必ず実際に誰かが見積もりのためにあなたのお家に来ます。

その人が営業マンか塗装屋の親方か職人かはわかりませんが、実際にあなたが会って話してみてどう感じたかってのはとても重要なことなのです。

 

一見でその人を信用しろといってるのではなくて、最終的に信用して任せても大丈夫かな?

というところまで行くに値するのかというところなのです。

 

これは私が思う業者を選ぶうえでベストな状況なのですが、

例えば、あなたの隣のお家の外壁塗装を工事している職人さんの仕事をとても気に入ったとします。

あなたがその職人をじっくり吟味したという状況での話です。

もしこういう状況があれば、その業者に依頼する際に、この職人を指名で契約すればよいのです。

 

 

これはあなたがこの職人の仕事を信頼できているというところが大事なのです。

「この人なら大丈夫!」

と思わせてくれているかというところです。

 

時間は必要です、十分に吟味する時間をかけるべきです。

 

ですので、

口八丁の訪問販売を信じて、

即決するようなことだけは絶対にやめてください!

 

外壁塗装の業者の探し方

外壁塗装の探し方としては、あなたが探すか、誰かのオススメを聞くか、という感じですね。

外壁塗装の業者の探し方の具体的な一般的な方法を3パターンを紹介しておきます。

 

あなたが探す場合

あなたが自分でネットなどから外壁塗装の業者情報を集めて直接見積もり依頼をします。

 

あなた自身で探す

あなたがネットで評判、口コミを調べて地元の業者やハウスメーカーなど複数業者をピックアップ

複数の業者に見積もり依頼

見積もりは無料のところがほとんどですので、複数の業者に見積もり依頼をしても費用はかかりません。

業者による見積もり(実地)

見積もり金額確定

たとえ見積もりが無料でも複数の業者に依頼するとなると、

あなたの労力と時間は結構かかってきますね。

 

ご近所や知人・親戚からの紹介

外壁塗装の工事をやった知人や親せきから業者を紹介してもらうということもよくあります。

また、近所のお家を工事していた業者を紹介してもらったりすることもあります。

 

知人の紹介

知人・親戚に紹介してもらう

ご近所の仕事を見て紹介してもらう

紹介された業者による見積もり(実地)

見積もり金額確定

 

実際に外壁塗装の工事をした業者の仕事がそのお家の方からある程度はわかりますのは安心できるポイントです。

デメリットとしては、

「ちょっとこの業者は…」

となった場合に、紹介してもらっただけにほかの業者の見積もりを取りにくかったり、断りにくかったりということはあり得ます。

 

紹介する側からしても、

「紹介してもらった業者さん、とても良かった!」といってほしいものです。

 

業者を紹介してもらう場合には断った場合のことも想定しておくことが、紹介してもらう相手への配慮にもなります。

 

紹介してもらう場合は、ちょっと慎重にされた方が良いですね。

 

ネットでの外壁塗装の一括見積もりサービス

最近、利用者が増えてきているネットでの外壁塗装の一括見積もりサービスのサイトで業者を紹介してもらうパターンです。

ネットで見積もり

ネットの外壁塗装一括見積もりサービスへ登録

(サイトによっては、平米数などだけで概算の見積もりを出すサイトもあります)

地元の外壁塗装業者を複数紹介してもらう

業者による見積もり(実地)

見積もり金額確定

一括見積もりサイトの一定基準を満たしたちゃんとしたあなたの地元の業者を紹介します!というのが、ウリです。

また、キャッシュバックなんかの特典もあったりします。

 

あなた一人で業者探しから見積もり依頼まで・・・となることを考えるとかなり色々と短縮できますので、

外壁塗装を考えているけど、どっから手を付けていいのかわからない・・・って方には、良いかと思います。

 

ただデメリットとして挙げておきますと、

この手の一括見積もりサービスは外壁塗装だけでなく、車や他リフォームなどでもあります。

ネットで検索したら色々あると思います。

 

それらでよくいわれているのが、

「外壁塗装をやりたいと考えている個人情報がほかの業者にも行ってしまうのでは・・・。」ということです。

 

すごくグレー感漂う話ですよね・・・・。

 

これに関してははっきりしたことはわかりませんが、

「サイトでは個人情報の保護やしつこい電話での営業は一切しません!」

といったことを謳っています。

 

いろんなサイトがありますので実際に見て検討してみるのが良いでしょう。

 

一級塗装士が答える「外壁塗装の一括見積りができるサイトってどう・・・?」一括見積もりサイト5選

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の一括見積もりにすごく興味があるんですが・・・ ネットから簡単にできる外壁塗装の一括無料見積もりサイトを教えてほしいのです。   外壁塗装の一括見積もりサイトって ...

続きを見る

まと

ここでは外壁塗装の業者のことに関して説明してみましたが、

外壁塗装を考えておられるのなら、やはり外壁塗装に関する一般的な知識は持っておいてください。

始める前に知っておこう!外壁塗装の知識と方法

「持ち家なんですが、外壁塗装やらないとダメですか?」 「うちの家もそろそろ外壁を塗装しないとな・・・・」 「うちの外壁にヒビや割れがめだってきたけど塗装したほうがいいのかな・・」 「外壁塗装ってどこに ...

続きを見る

 

ある程度の知識武装は必要だと思います。

その上で、業者とキチンと話してみてください。

 

業者のイメージって、ちょっと怖いなとか騙されそうとかって感じている人は多いと思います。

私も思います(笑)。

 

ですが、ほとんどの業者はちゃんと仕事しようとしてますし、ちゃんとしてます。

 

「♪いいやつばかりでもないけど、悪いやつばかりでもない~」

 

っ歌がありますが、本当言い得て妙といったところなんです。

これってどんな業界でも同じかもしれませんが、いいやつも悪いやつもいます。

 

塗装屋さんに関してまとめてます。⇩

外壁塗装の塗装屋が怖い…と思う方へ

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の工事をする塗装屋さんて、どんな人たちが来るのかな・・・・、 ちょっと怖いな・・・。   外壁塗装工事の前にちょっと不安に感じているかたも多いと思います。 &nb ...

続きを見る

 

ですので、「業者に言いくるめられるかも」とか不安に思うのであれば、

業者に依頼する前に、あなたが外壁塗装というものに対して、多少なりとも詳しくなっておくことは大事なことだと思います。

 

ハケ兄(はけにい)
私も実際に作業をする際に、お家の方が色々と外壁塗装について詳しかったりすると、やはりちょっと身が引き締まるという感じです。
一級塗装士が答える「外壁塗装の一括見積りができるサイトってどう・・・?」一括見積もりサイト5選

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の一括見積もりにすごく興味があるんですが・・・ ネットから簡単にできる外壁塗装の一括無料見積もりサイトを教えてほしいのです。   外壁塗装の一括見積もりサイトって ...

続きを見る

外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには条件があります。

ハケ兄(はけにい)外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには以下のような条件があります。   助成金の申請は必ず工事着工前に申請 依頼する業者の事務所や事業所の住所が市内、地域内 外壁塗装 ...

続きを見る

-外壁塗装の基本, 外壁塗装の業者, 外壁塗装の職人のコト
-

Copyright© ハケヌリ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.