外壁塗装の基本 外壁塗装の業者

外壁塗装の工事は雨の日でも影響はナシ?

どうも、ハケ兄です。
外壁塗装の工事期間中には、
朝から雨、
午後から雨、急なゲリラ豪雨などなど、
いろんな雨の日があります。
そんな外壁塗装工事中の雨について、説明させてもらいますね。

外壁塗装工事中の雨による影響と対策

まず外壁塗装工事は雨による影響は大ありです。
 
 
外部の作業になりますので、
 
一般的な戸建のお家の外壁塗装工事であれば、
 
雨の影響はあると考えて間違い無いです。
 

雨によってどんな影響があるのか?

 

まず、雨の日は塗装はできないです。

 

 

外壁塗装工事において屋根塗装なんかを考えてみたらわかりやすいのですが、

 

雨で濡れている状況では塗装できません。

 
外壁や屋根が濡れている状況で塗装すると、
 
塗料が密着せずに後々めくれの原因になったりします。
 
 
また、塗装後にしっかり乾燥していない塗料に雨が当たるとそこだけ変色したり、
 
塗料が雨に溶け出して流れてしまったりと、
 
雨の日の塗装は良いことはありません。
 
 
どんな高い塗料を使用しても悪条件では、その性能を発揮することができません。
 
「水性だから大丈夫ですよー!」
 
というようなことはあり得ません。
 
 
強風時、または降雨、降雪のおそれがある場合、及び気温5°C以下、湿度85%以上での施工は原則的に避けてください。低温・多湿時に塗装し、表
面が十分に乾燥しないまま夜露にあたると艶引けを生じることがあります。冬期においては、施工条件が特に厳しくなる場合があるため、事前に
関係者と十分な打ち合わせを行ってください。
エスケー化研 注意点
 
このように各塗料メーカーはカタログなどに、
 
悪天候時の施工上の注意事項を記載しています。
 
  • 雨や雪が降っている場合
  • 気温が5℃以下
  • 湿度が85%以上
  • 塗装する箇所が結露している
 
このような条件での施工はやめましょう、強引に塗装してしまうと、不具合が起こりますよ
という目安になります。
 

雨で塗装作業ができないため工事期間が延びる

外壁塗装の期間中は、窓を閉め切っていたり洗濯などの制限があるので、
 
工事を段取りよく終わらせてほしいところなんですが、
 
雨の影響で塗装できない日が出てくると、
 
当然、工事の段取りが悪くなり遅れが出てきます。
 
 
当然、この遅れによる追加料金などは発生しませんが、
 
工事完了までスムーズに進んでほしいものです。
 
 

急に雨が降ってきた場合の外壁塗装への影響

塗装作業の最中に、
 
急に雨が降ってくるということはまれに起こります。
 
 
ハケ兄(はけにい)
私も何度も経験してます。
 
塗装していたところが乾く前に雨に当たると、
 
水性塗料を塗装していたのであれば雨に溶けて流れ始めます。
 
 
油性や溶剤であれば雨で溶け出すことはないですが雨の跡が出来たり雨とともに流れたりします。
 
塗料が乾く前に雨に当たっても全く問題ないなんて塗装はありません。
 

外壁塗装のプロの雨の対策

外壁塗装の工事が雨による影響を受けやすいことは、
 
よくわかっていただけたかと思います。
 
 
しかしながら外壁塗装のプロの職人たるもの雨にやられっぱなしではないのです。
 
現場を進めるためには常に雨対策はしてあるのです。

塗装職人は常に天気予報で雨の日チェック

外壁塗装が雨による影響を受けやすいので作業を段取りするうえで、

天気予報の情報は欠かせません。

 

ですので塗装職人は皆、天気予報は常にチェックしているものなのです。

たまに外壁塗装工事期間中の週間天気予報で雨マーク連続なんかがあると、

恐恐としたりして晴れを祈ったりしております。

 

雨のタイミングはできるだけ把握して、

良い状態で塗装できるように段取りしています。

 

天気予報がはずれ急な雨が・・・の対策は?

夏場などな多いのが、

本当に急に来るゲリラ豪雨。

これには、塗装職人もお手上げ状態のことは多いです。

ゲリラ豪雨まで行かなくても、

急なにわか雨でもイヤです(笑)。

そんな時に塗装していたら、

まずは塗装している箇所に雨がかからないように、

雨養生したり、

雨跡対策として、拭き取ったりします。

急な雨には、

応急措置しかないですね。

ただ、雨で万が一不具合が出そうな場合は、

下塗りからやり直し、

ということもあります。

「やり直しても、追加費用か発生しないのが普通ですよ」

 

塗装職人の雨対策「雨養生」

雨が降ると前もってわかっている際には、

「雨養生」

という塗装職人ならではの雨対策をする場合があります。

 

雨養生とはどんなものかというと、

塗装する際に塗料が付着しないように窓などをテープ付きのナイロン=マスカーで隠すのですが、

雨養生にはこのマスカーを使用します。

塗装職人による雨養生とは

軒先にマスカーを貼って屋根を延長して足場の中に雨がかからないようにすることです。

外壁が雨でびしょびしょに濡れてしまうことを防いだり、

足場で作業する塗装職人が雨に濡れたりすることを防いだりします。

 

外壁塗装に悩んでいる
「んっ?雨で作業するの?」
ハケ兄(はけにい)
「やるときはやります!といっても雨でもできる作業だけですが。」

 

外壁塗装工事中、雨でも問題なくできる作業がある

外壁塗装の工事といっても塗装する作業ではありません。

ですので、雨でもできる作業があるのです。

 

例えば、

  • 非塗装部分をナイロンで隠していく養生
  • 塗装が終わった後にその養生を外していく作業
  • サッシなどに付着してしまった塗料を掃除する作業
  • 屋根や外壁の高圧洗浄
  • ケレン作業

などなど

まだまだあると思います。

工事中のお家の状況や工事内容で雨でもできることは違ってきます。

 

雨を想定して外壁塗装の段取りを組んでいきます

天気予報で雨がわかっている場合など、

雨でもできる作業は雨の日に作業する段取りを組んでいくのが職人です。

 

例えば、

晴天の日に外壁の塗装完了後、

「明日が雨なので養生を外すのは明日にして、

全員で屋根や雨樋などの塗装作業をしていこう。」

など、

 

こういう段取りを組んでおくことで、

現場作業がスムーズに進んでいきます。

 

ハケ兄(はけにい)
現場は段取りが命です。[/st-kaiw!8]

 

雨の日の作業は施主様(お家の方)は不安ですよね

「雨の日は外壁塗装の工事はお休みですよね・・・」

「雨の日に塗装するのはやめてほしい・・・」

「雨降ってるけど作業できるのですか・・・」

 

こんな風にほとんどのお家の方は思っているものです。

 

ですので雨の日に作業する場合、

お家の方には

「雨でもできることしかしません、塗装はしません。」

というように、その日の作業内容をキチンと説明してから作業に掛かるようにしています。

 

それでも、

「やはり雨の日は、不安だな・・・やめてほしい・・・」

 

と思っておられる方は、

はっきり、

「今日はやめてほしいです。」

と言われることもあります。

コレで正解だと私は思っています。

 

はっきりと塗装業者に伝えたほうが良いです。

 

外壁塗装工事は、あなたのお家の工事ですので、

不安な部分はしっかり伝えておいた方が良いのです。

 

雨の日にどう見ても無理に外壁塗装の工程を進めようとする業者…

雨が降っている状況でも、

無理にでも外壁塗装の工程を進めようとする業者も、

実際には少なからず存在します。

「工事を遅らせられない」

「他の工事に影響がでる」

「職人を休ませてばかりになってしまう…」

などなど、

業者にも事情があったりもします。

しかし、施主であるお家の方に不利益になるようでは、

良い仕事とは言えませんよ。

一つの予防策としましては、外壁塗装の契約の時点で、

雨の日、雨が降ってきたら作業は中止、

という点を伝えておくのも良いかと思います。

そうすることで、

雨の日は作業する職人側でも、

「ここのお家は、どんな雨でも作業中止」

という考えでの段取りを組んでいきます

 

ちなみになんですが、雨でも塗装できる塗料もありま

の日でも塗装できる塗料として、

発売された2015年当時は

「雨でも塗装できる塗料というものが出来た!

という感じでニュースになったのを覚えています。

 

関西ペイント アレスダイナミックシリーズという製品です。

 

アレスダイナミックシリーズには、

 

アレス ダイナミックTOP

アレス ダイナミックフィラー、

があります。

 

アレスダイナミックTOPの特徴

 

アレスダイナミックTOPは水性のラジカル制御形塗料分類されます。

ラジカ制御形塗料の高い耐候性が期待できます。

雨の日雨上がりの濡れている外壁への塗装も、

強化剤を混ぜて使用することで可能になります。

濡れている外壁(湿潤への塗装ができるすごい塗料なんです

 

 

さすがに雨が降っている中で、

外壁に対してがガンガン当たっている状況での塗装は無理でしょうが、

今まで中止にせざるを得ない天気でも、

外壁塗装ができるので、

予定通り工事を進めていけます。

 

外壁塗装について知っておいた方が良いこと書いてます。⇩

始める前に知っておこう!外壁塗装の知識と方法

「持ち家なんですが、外壁塗装やらないとダメですか?」 「うちの家もそろそろ外壁を塗装しないとな・・・・」 「うちの外壁にヒビや割れがめだってきたけど塗装したほうがいいのかな・・」 「外壁塗装ってどこに ...

続きを見る

外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには条件があります。

ハケ兄(はけにい)外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには以下のような条件があります。   助成金の申請は必ず工事着工前に申請 依頼する業者の事務所や事業所の住所が市内、地域内 外壁塗装 ...

続きを見る

-外壁塗装の基本, 外壁塗装の業者
-

Copyright© ハケヌリ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.