外壁塗装のお金

知らなきゃ損!外壁塗装の費用を安く抑える8つの方法

外壁塗装に悩んでいます・・
外壁塗装に使えるまとまったお金がないのですが・・・。

外壁塗装の費用を安く抑える方法があったら教えて下さい!!

 

「外壁塗装って足場組んだりして大きな工事なのでやっぱりお金ってかかるんだろうなぁ???」

 

新築から10年以上住んでいる住宅には避けて通れない外壁塗装、屋根塗装の時期に新築時にお世話になった工務店やハウスメーカーなどの外壁塗装の見積もりを見てその金額に驚かれる方は結構おられます。

 

 

外壁や屋根は定期的に塗装でメンテナンスしていかないといけないことは、わかっていることなんですが、少しでも外壁塗装の費用を少しでも抑えたいと考えるのは当然ですよね。

 

外壁塗装のお金がないという方必見!

外壁塗装の費用を安く抑える8つの方法を紹介いたします。

 

 

外壁塗装のザックリ費用の相場表です。

塗料 単価 30坪 35坪 40坪
アクリル \900~\1,200 \150,000 \175,000 \202,000
ウレタン \1400~\1,700 \225,000 \262,500 \303,000
シリコン \1,600~\2,000 \270,000 \315,000 \363,600
フッ素 \3,200~\4,500 \525,000 \612,500 \707,000
光触媒・無機 \4,800~\5,500 \750,000 \875,000 \1,010,000
ガイナ \4,800~\5,500 \750,000 \875,000 \1,010,000

 

外壁だけの値段になります。

ハケ兄(はけにい)
この金額に足場、屋根、付帯塗装費用が乗っかってきます。

150㎡くらいのお家で60万から100万円位が加算されます。 

大きな金額ですよね。

一軒家の外壁塗装の費用相場が知りたい方はここから 

外壁塗装に悩んでいる一軒家の外壁塗装の相場っていくらくらい? うちの家30坪くらいなんですが相場っていくらくらいかな?     外壁塗装を始める上で、 「一軒家の外壁塗装の相場が知 ...

続きを見る

 

外壁塗装の費用を安く抑える8つの方法

外壁塗装の費用を安くする方法として、知っているだけまたは実行するだけで安くできる方法と条件が揃えば安くできる方法というものがあります。

 

あなたが該当するか確認してください。

1.市や自治体の補助金・助成金を利用する

2.複数業者の見積もりを比較する・相見積もり

3.火災保険を利用する

4.使用する塗料・塗装方法を変更する ~グレードダウン

5.塗装業者が暇なときに依頼する

6.業者のキャンペーン時を狙う

7.知人・親戚の塗装店に依頼する

8.知り合い・近所の方と一緒に依頼する

 

1.市や自治体の補助金・助成金を利用する

 

あなたがお住まいの市や自治体によっては、外壁塗装などのリフォームに対する補助金・助成金を用意されているところもあります。

ただし、補助金・助成金を利用するには、あなたが住んでおられる市、自治体地域にある業者に限るなど条件が色々とあります。

 

まずはダメもとで市や自治体に問い合わせて見るのが良いでしょう。

 

先着順のところもありますので、外壁塗装をお考え中でしたらお早めに!

 

外壁塗装の補助金・助成金の条件

 

2.複数業者の見積もりを比較する・相見積もり

外壁塗装の見積もりを複数の業者に依頼して見積もりを比較します。

最低でも3社くらいの見積もりが望ましいですね。

 

外壁塗装の工事金額は管理大きなものになりますので、ピンポーン!って来る訪問販売業者で即決!だけはやめてください。

めんどくさいですが他の業者の見積もりを見て比較してから決めましょう。

 

見積もりを比較することであなたのお家の外壁塗装の相場が見えてきます。

これは必須のやり方です!

 

ハケ兄(はけにい)
比較してみるとびっくりするような金額の見積もりが見つかるかも!

 

3.火災保険を利用する

一般的な戸建住宅向けの火災保険は、自然災害によって外壁が受けた損害にも適用をされる場合があります。自然災害で壁・屋根に損害を受けたという災害の被害に遭った場合、火災保険を利用して屋根や外壁の塗装を行うことが可能になるケースがあります。

 

火災保険の種類(「住宅火災保険」「住宅総合保険」「従来の住宅総合保険より補償の範囲を拡大したオールリスクタイプ保険」)によって適用条件が違いますので、あなたが加入している保険を要チェックです。

 

住宅火災保険の適用条件

戸建住宅向け火災保険の中では、シンプルで保証対象が最も少い保険となります。

火災保険という名称ですが火災による損害のほかに、落雷・破裂・爆発・風災・雪災による損害を補償します。

保険の適用範囲については、あなたが加入している保険証書をご確認ください。

 

住宅総合保険の適用条件

「住宅総合保険」とは、補償範囲が住宅火災保険よりも広いタイプの保険です。

幅広い範囲の保障で、

例えば、車が自宅にぶつかった際に発生する壁の破損、

暴行などで起きた破壊、泥棒の侵入による壁の破損なども適用される可能性があります。

また、水漏れ事故でも水害での損害補償を受けることが可能です。

保険の適用範囲については、あなたが加入している保険証書をご確認ください。

 

オールリスクタイプの適用条件

「オールリスクタイプの保険」とは、現代のニーズに合わせて登場した新タイプの火災保険です。

住宅総合保険よりもさらに広範囲に細かく柔軟にカバーできる保険です。

補償の範囲が建物だけに限らず建物廻りにある外灯もというように補償範囲が細かく設定できるのが特徴です。

 

保険の適用範囲については、あなたが加入している保険証書をご確認ください。

 

4.使用する塗料・塗装方法を変更する ~グレードダウン

使用する塗料の変更

外壁塗装のに使用する塗料のグレードを下げたり、塗装方法を変更するということで費用を抑える方法です。

 

まず業者の出す見積もり書を見て、外壁・屋根にどんな塗料を使用するのか把握します。

その塗料のグレードよりも下のグレードの塗料を使用することで費用は安くなります。

 

例えば、もし屋根・外壁にフッ素系の塗料が使用されていたら、シリコン系に変更してもらうなどです。

 

最近の主流は費用対効果を考えてウレタン系からシリコン塗料、ラジカル塗料になって来ています。

フッ素塗料・無機塗料は耐用年数では、シリコン・ラジカルの上を行くので確かにものは良いのですが、まだまだ高い印象です。

 

塗料のグレードに関しては、

アクリル ⇨ ウレタン ⇨ シリコン ⇨ ラジカル ⇨ フッ素・無機

となります。

ですので、シリコンからウレタンに下げることも当然できます。

アクリルに下げることもできます。

 

ですが、流石にアクリルはオススメしません。

 

塗装方法の変更

塗装方法に関しても吹き付け塗装よりもローラー塗装のほうが安く抑えられます。

 

もし業者の見積もりで施工方法が吹付け塗装になっていたらローラー塗装に変更できないか確認してみてください。

塗料によっては吹付けることでした塗装できない塗料もあるので使用する塗料から変更が必要なケースもあります。

 

またローラー塗装が不可能な外壁というものも存在します。(例えば、外壁がタイル調で目地が深い場合など)

ですので、もし吹き付け塗装になっていたら、「ローラー塗装、手塗り」でお願いしてみてはどうでしょうか。

 

5.塗装業者が暇なときに依頼する

外壁塗装工事を依頼する季節、時期によっては塗装業者が暇なことがあります。一般的に外壁塗装に不向き?と言われる季節が、梅雨時期になります。

 

ただし梅雨時期は雨が多いので作業が中止になる日もあるので、塗装業者もあえて仕事を予定しないことがあります。実際のところ塗装業者の暇な時期になるのが、年末年始・お盆・ゴールデンウィークなど長期休暇の前後などになります。

 

近隣に対して休日の作業が可能であれば、業者に交渉してみるのも良いでしょう。

 

6.業者のキャンペーン時を狙う

塗装業者のキャンペーン・特典などを狙うという方法です。

 

キャンペーンは業者によって様々に行われています。

大手のハウスメーカーや大手リフォーム会社などでは定期的にキャンペーンは行われています。

 

あまり小さい塗装店などでは、キャンペーンはなさそうです。

 

どうせやるならキャンペーン時を狙って行くほうがお得に安くできます。

 

ネットで見積もりできるサイトでもキャッシュバックなどのキャンペーンがあります。

 

キャッシュバックのある外壁塗装の見積もりサイト

外壁・屋根塗装の無料見積もりサービス 外壁塗装ほっとらいん

 

7.知人・親戚の塗装店に依頼する

外壁塗装業者に知り合いや、親戚がいるのでしたら、友達価格でやってもらうのは良い方法です。

 

一般より安くしてくれるでしょう。

ただし、この知り合いにやってもらうケースはチョット注意が必要なのです。

 

外壁塗装を知人・友人に依頼する際の注意すべきこと

工事完了後、あなたが満足できる仕事であればよいのですが、そうではない場合も想像しておいてください。

 

もし、あなたの知人・親戚が「残念な塗装業者」であったらというあくまでも仮定です。

 

外壁塗装工事は、車、職人、騒音など近隣への迷惑は避けられません。

ですので、近隣への配慮が必須になります。

社会人としてのマナーは最低限、騒音に対して、車の駐車位置など気を使うところはいくつもあります。

 

知人・友人の業者というだけに、言いにくいことも出てきたりするものです。

 

「工事は終わったけれど、近所からのクレームが入りご近所と変な感じになってしまい、

知人・友人の業者の関係性もおかしく・・・」

 

なんてこともありえます。

 

8.知り合い・近所の方と一緒に依頼する

一軒で工事するよりも2軒まとめて依頼するほうが、間違いなく値引きしてくれます。

ですのでご近所などでまとめて依頼されるケースもあります。

 

業者が一番値引きしやすいケースになります。

 

仲の良いご近所さんがいれば、要相談!

 

外壁塗装の費用を安く抑える8つの方法まとめ

1.市や自治体の補助金・助成金を利用する

2.複数業者の見積もりを比較する・相見積もり

3.火災保険を利用する

4.使用する塗料・塗装方法を変更する ~グレードダウン

5.塗装業者が暇なときに依頼する

6.業者のキャンペーン時を狙う

7.知人・親戚の塗装店に依頼する

8.知り合い・近所の方と一緒に依頼する

以上の8つの方法を説明しました

 

この8つ全部適用!ってできたら安くなりますが、そんなケースはほぼないと思います。

ですが、使える方法はぜひ試してみてください。

 

少しでも外壁塗装の費用を抑えられたらと思っております。

 

お金がある人もない人も、外壁塗装の費用を抑える必須方法は見積もり比較

上記の8つの方法の中でも、

お金があるから、お金がないから関係なく皆が該当する絶対ヤルべき外壁塗装の工事費用を抑える方法が、

 

見積もりを複数件取って比較検討し、業者に直接依頼する!!

 

コレしかないですね!

 

絶対、やってほしいです。

 

なぜ複数件の見積もり(相見積もり)で費用を安くできるのか

2~3社から相見積もりを取る場合、他業者との兼ね合いで法外な金額などは提示しにくいものです。
また仕事がどうしてもほしい場合などかなり安い金額を提示してくることもあります。

 

複数業者の見積もりを取ることの最大のメリットは、

 

外壁塗装を考えておられるあなたのお家の外壁塗装の費用の相場がわかる!

 

ということなのです。

 

このあなたのお家の費用相場がわかるというこで、たとえ他の業者の見積もりを見たとしても、安いのか高いのかが判断しやすくなるのです。

 

塗装業者に直接依頼する

外壁塗装を実際に作業する業者に直接依頼するのが最も工事費用を抑えられるというは当然の話なのです。

 

大手ハウスメーカー、工務店、リフォーム会社、などなど、外壁塗装を扱っている会社は下請けの塗装会社の見積もり金額に20%~30%の金額を上乗せしています。

コレはコレで商売ですのでしょうがないのです。

 

ですが、この形態を知っていながらわざわざ・・・。

 

ですので塗装業者に直接依頼するのが、費用を安く抑える最良の方法なのです。

 

ハケ兄(はけにい)
塗装のことは、塗装のプロにおまかせ!

 

阪神地域の外壁塗装の依頼はヒトノブペイントへ

 

安心できる塗装業者とは

ハケ兄(はけにい)
塗装業者は、はっきり言ってピンキリです。

 

塗装業者によって料金形態も色々あるので、価格だけで判断して契約してしまうと手抜き工事ということも起こりえますので注意が必要なところです。

大手のハウスメーカーや工務店などに依頼するのが安心して安く依頼できる方法なのかというとそうでもないのが実情です。

 

大手との安心の業者というイメージで大手建設会社、大手ハウスメーカーに依頼したとしても実際に工事をしているのは下請け塗装業者なのです。

この形態は塗装専門の業者つまり塗装店に依頼しない限りは、下請けの塗装会社が作業することになるのです。

 

あなたが安心できる業者をどうやって見つけますか?

 

ハケ兄(はけにい)
ちなみになんですが、塗装工事で手抜き工事をされると仕上がった状態ではプロでもなかなか見つけにくいものです。

 

 

あなたが安心できる優良塗装業者を2~3社選んで直接契約!!って、そんなに簡単ですか?

外壁塗装の費用を安く抑える方法がわかったので、実際にあなたが複数の外壁塗装業者を選別して直接見積もり依頼して判断して直接契約!

ってできそうですか?

 

業者を見ただけで判断なんて業者同士でも難しいのに、素人の方ならなおさらですよ。
また塗装屋さんに直接ってちょっと怖さがありますよね。

 

ですので、塗装業界に詳しくない方が自分で全部やるということは、実はかなり大変な方法だということなんです。

 

「でも、なんとか外壁塗装の費用を抑えたいんです・・・」

 

という方に向けて色々とやってくれるサービスがあります。

 

【プロヌリ】というサービスがあなたの代わりに

あなたの代わりに業者の選別、複数業者の一括見積もりをプロヌリというサービスがやってくれるのです。

 

何よりこのプロヌリは「完全無料」で利用できます。

そして、ネットから匿名でも10秒で見積もり金額がわかります。

 

またプロヌリの業者についてなのですが、プロヌリに加盟している塗装業者はザッと700社なんですが、簡単に加盟できるわけではないのです。

 

業者の実績やマナーなどの審査基準を満たした業者のみが加盟できるので優良業者が選別されているというわけです。

 

ここはちょっと安心ですよね。

 

外壁塗装を安く抑えるために相見積もりして比較して業者と直接契約!が最良の方法ってはわかるけどなかなか難しい・・・・、
というのが実情なのです。

 

そういう方向けのサービス「プロヌリ」を上手に利用しましょう。

 

外壁塗装に悩んでいる
「とにかく、外壁塗装・・・・めんどくさいな・・・忙しいし・・・・」

 

って方は、ほんとに気軽に見積もり依頼してみて欲しいです、無料なんで!

 

⇨プロヌリのサイトで見積もり

 

 

⇨外壁塗装のお金の話 ~まとまったお金がない・・~

 

外壁塗装の業者の選び方で困っていませんか?

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装やります!って業者が色々あってどうやって選べばいいのかわかりません!   外壁塗装やります!って業者は、世の中にはほんとにたくさんあります。 ザックリと外壁塗装や ...

続きを見る

 

-外壁塗装のお金

Copyright© ハケヌリ.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.