外壁塗装の流れ ~工事内容~

具体的に外壁塗装工事がどのように進んでいくのかを説明します。

 

足場架設

工事着工日になります。 外壁・屋根を塗装するために必要な足場を組んでいく作業です。塗装屋さんが自社で組むところもありますが、足場業者が作業します。

足場架設の作業では、足場をハンマーで叩いて組んでいくのでかなり音はします。

この日までに近隣への挨拶・告知などは済ませておきましょう。

 

依頼する塗装業者が近隣へ工事の挨拶をするのは常識ですので、もしも、ご近所で外壁塗装工事を開始するという場合に挨拶のない業者に出会ったら要注意です。依頼してはだめです。

依頼しようと考えている業者にも確認しておいたほうが良いでしょう。

挨拶はアタリマエのことです。

 

下地調整 パテ 

塗装業者が登場します。

外壁・屋根のクラックや浮きなどを処理していきます。

外壁のクラックはコーキング剤やパテなどで埋めていきます。

クラックの状態によっては、クラックの部分をVカット・Uカットしてからの処理になります。詳しくは・・・。

 

この工程のあとに高圧洗浄になりますのでクラックや隙間などから水が侵入しないように処理しておきます。

 

コーキング・シーリング工事(この工程はなしの場合も)

サイディングの壁の場合、目地・サッシ周りなどにあるコーキング(シーリング)の入れ替えは必須工事になるかと思います。

(※コーキング、シーリングは同じ意味ですのでここではコーキングとします。)

 

モルタル壁木造の建物でもコーキング工事が必要な場合もあります。サッシまわりなどはコーキング処理のあと、塗装するのが望ましいです。

 

コーキング工事はかなり大事な工程ですが、サイディングの壁でない場合は、下地処理などで施工される場合もあります。

依頼される業者に相談するのが良いでしょう。

 

 

 

高圧洗浄

屋根・外壁を高圧洗浄機で洗っていきます。

屋根は汚れや苔がひどい場合があるので高圧でしっかり洗浄が必須になります。屋根を高圧で洗浄するので近隣への水しぶきの飛散対策が必要な作業です。

近隣の車などへの飛散も要注意です。

塗装店側からすると車へのカバーや足場のシートやナイロンなどでしっかり養生してから洗浄するのが当たり前の作業です。

 

外壁の洗浄は屋根ほどの高圧でなくてもしっかり洗えることが多いです。外壁の洗浄の際に、窓・サッシ・雨戸・網戸・シャッターなども洗浄していきます。

外壁の洗浄も屋根同様近隣への飛散には要注意の作業です。足場メッシュシートに更にブルーシートなどで飛散を防ぐ対策なども必要な場合もあります。

 

高圧洗浄では普段の雨などでは、まず雨が当たらないようなところも大量の水をかけることもありますので、まれに、洗浄後に家の中に水が侵入していることがあります。

洗浄後の家の中の点検もされたほうが良いでしょう。

 

一般的な2階建て一軒家の屋根・外壁の高圧洗浄は、1人から2人の作業員で、屋根→外壁の順に一日で完了できます。

屋根、外壁の汚れ方によっては2日かかることもあります。

 

 

錆止め

主に鉄部の錆止めです。

鉄部などへの錆止めの作業は外壁の塗装のあとに行うこともありますが、養生の前に行う塗装店がおおいです。

 

鉄部などをとそうする際には必ずペーパーなどでケレンという作業をします。

ケレンとは、現状の塗装部分の浮いている箇所やさびなどを落としておくことなのですが、

高圧洗浄の前に行う塗装店もあります。

 

 

養生

養生とは、塗装作業の際に窓など塗装しない箇所に塗料がかからないようにナイロンで隠して行く作業です。

窓はナイロンで締めていくのですが、開けておいてほしい窓があれば塗装店は対応してくれます。

 

玄関などは開閉できるように養生しますし、湯ガスの湯沸かしやクーラー室外機などは通気できるように養生します。

 

外壁の塗装 

下塗り

養生が完了したあと外壁を塗っていきます。

まず最初に塗装するのがシーラーです。

シーラーを最初に塗って下地を固め上塗り材の密着性を高めます。

シーラーは下地に浸透させていくのであまり粘土が高くありません。

 

下地の材料にフィラー

 

 

シーラー

 

中塗り

 

上塗り

 

付帯物塗装

 

掃除 T-up

 

足場解体

Copyright© ハケヌリ.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.