外壁塗装の基本

始める前に知っておこう!外壁塗装の知識と方法

「持ち家なんですが、外壁塗装やらないとダメですか?」
「うちの家もそろそろ外壁を塗装しないとな・・・・」
「うちの外壁にヒビや割れがめだってきたけど塗装したほうがいいのかな・・」
「外壁塗装ってどこに頼めば良いのかな、めんどくさいな・・」
「外壁塗装って、いつやればいいのかな?」

なんて思っている方に向けて書いてみます。

ハケ兄(はけにい)
ココを読んでもらえたら、外壁塗装の知識と方法がほとんどわかるように書きます。

 

外壁塗装の役割

 

まず、「外壁塗装って、なんの意味があるのか?」とかっておもっているあなたに一言。

「外壁を塗装することにはめちゃくちゃ大事な役割があるんです。」

 

その役割というのが

  • お家や建物を保護
  • 建物、家を綺麗に美しくみせる

大きく分けると保護と美観というこの二つになります.

 

外壁を塗装して守る!

ほとんどの建物の外壁、屋根には外部からの雨や風から建物自体、

なにより家の中で生活する人を守る役割があります。

 

つまり、外壁塗装はその建物の壁がまとう服であり鎧のようなものなんです。

 

家の壁が風化せず家を守り続けることができるように、

その壁を保護するという役割が外壁塗装にはあるのです。

 

外壁を塗装して美しく!

外観塗装することで建物の印象はガラッと変わります。

 

塗装が細部まできっちりと塗装されていると、

建物の外観が美しくきっちりした感じに映ります。

 

常に住んでいるお家は美しくあってほしいものです。

 

外壁塗装はやらなかったらどうなる?

建物が常に外気にさらされて、太陽の光や熱、雨、風を受けて建っています。屋根、外壁はその中で何度もわずかな伸縮を繰り返しています。

また、日本は特に地震が多く建物も揺れる状況がよくあるかと思います。このような状の中では多くの建物に割れ(クラック)やすき間、シーリングの劣化にる亀裂や塗膜の劣化は起こっています。

建物にできた割れからは雨水が内部に侵入する恐れもあります。雨水が建物の中に入ってしまうと建物の柱などを腐らせてしまう恐れもあります。

それが10年以上も放置されたままだと、建物の構造にも影響が出てきたりもします。最悪の場合は、建て替えなんてことにもなりかねません。

そんな大きなことになる前に、

外壁塗装の工事を定期的に行うことで建物を美しく保ち、また建物の不具合を見つけるメンテナンスにもなるのです。

外壁塗装はなかなか工程が多いのです

外壁塗装はいろいろと工程の多い工事です。ただ塗装するだけではないのです。塗装するまでに結構手間暇、掛けないといけません。

この手間暇を工程順にまとめてみました。

この一連の工程は、大体10日~14日の間で完了するのですが、お家の大きさや作業する人数、天候によって工程の進み具合は変わってきます。
 

足場仮設工事

外壁塗装工事の一番最初の工程です。外壁塗装工事を安全にスムーズに行うために作業する足場や養生シートを設置していきます。

 

最近ではハウスメーカーなど大手では、木製の丸太足場の使用が禁止されているところが多くなっており、ほとんどが鉄骨の足場を使用しています。

足場とは、外壁塗装の作業する職人がお家の2階部などの手の届かないところを安全に作業するためには必要なものなのです。

 

足場を組んだ後には、塗装作業の塗料などの飛散防止のための養生シート張っていきます。戸建のお家であれば足場仮設に関しては、通常は1日で完了します。

 

大きなトラックで足場を運んできての作業になります。また、ハンマーでたたいて組んでいきますので、大きな音も出ます。

 

近隣への挨拶は業者の方でするところも多いですが、近所付き合いもありますので一言あった方が良いでしょう。

 

サイディングの外壁の場合目地の部分に入っているゴム状のシーリングの入れ替えの工程です。

目地だけでなくサッシ周りやボーダー部などにもあります。

シーリングは年数がたって劣化してくると、

痩せて切れたりしてきます。

雨漏りの原因がシーリングの劣化ということがよくあります。

シーリング工事は重要な工程なのです。

 

シーリング(コーキング)

シーリング(コーキング)に関して書いてますので、是非ご覧ください。⇩

なぜ外壁塗装で目地と窓枠にコーキングを入れ替える必要があるのか?

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装で窓枠のコーキング外壁塗装の工事で外壁の目地や窓枠にコーキングって入れ替えるみたいなんだけど、コーキングってそんなに大事なの?   ハケ兄(はけにい)めちゃくちゃ ...

続きを見る

現状モルタルの外壁の場合でも、モルタルの下地のシーリングを打ち替えることがあります。

下地補修

外壁を洗浄して塗装するまえに行う前のかべの下処理の工程になります。

外壁にあるひび割れや穴、壁の崩落してる箇所など、コーキング剤の注入やモルタルなどで補修していきます。

 

シーリング工事と並行して施工することもあります。洗浄の水が浸入しないように、高圧洗浄の前にする必要がある作業です。

 

鉄部や木部の旧塗膜や汚れを落とすケレン作業も洗浄前にされることがおおいです。

 

 外壁を高圧洗浄する

外壁に塗装して行く前に

外壁に付着している旧塗膜や汚れ、ホコリ、コケ、藻、カビなどを高圧で洗い流します。

屋根の塗装があるときは、屋根も高圧で洗浄していきます。

 

高圧洗浄では、

水道水と高圧洗浄機を使用して外壁に80150kgf/㎠の圧力をかけて外壁を洗っていきます。

洗った水の飛散などにも注意が必要になる作業です。

 

ハケ兄(はけにい)
高圧で洗浄しますので飛散も多く出ます。近隣への挨拶はあった方がよいですね。

ナイロンやテープでの養生

非塗装部分の養生です。

塗装しない玄関ドアやサッシ、窓、雨樋、給湯器、室外機など、

塗料で汚してはだめな部分をマスキングテープやビニールシートなどで覆います。

この作業を養生といいます。

 

この養生も塗装の仕上がりを大きく影響する作業なのです。

 

きちんとした養生ができないと、

塗装した後、養生をはずしてみたら非塗装の箇所にも塗料がたくさん付いている、

なんてことになるのです。

 

当然掃除してくれますが、あまりに掃除が多いのは、あらっぽい仕事、ということなりますね。

養生の作業に入ると、窓の開け閉めができなくなったり、洗濯ものが干せなくなったり、

と業者の方と打ち合わせておくべきことがいろいろ出てきます。

 

下塗り 、シーラー、プライマー、フィラー

外壁を塗装する段階で、最初に塗装する作業が下塗りになります。

 

下塗りに使う塗料は、大まかに分けると次の3種類に分かれます。

  • シーラー
  • プライマー
  • フィラー

どれを使用するかは外壁の状態によって対応します。

 

ハケ兄(はけにい)
下塗りはホントに大事なんです、

しっかり塗らないと後でめくれたり剥がれたりする原因になります・・・・

 

最近の外壁に使用される塗料は、ほとんどが水性塗料です。

水性塗料のほかに油性・溶剤系があり、水性とは仕様が変わることます。

また、塗料メーカーによっても様々です。

 

水性塗料(EP)のこと書いてます。⇩

aep塗装とかep塗装とか、どういうこと?

「内装はaep塗装でやりましょう!」 「外壁塗装やるんだけどep塗装ってどんなの?」 って思ってる方に、 aep塗装について書いてみます。 ハケ兄(はけにい)ざっくり言っちゃいますと、 塗装屋はaep ...

続きを見る

 

 

これらの塗料はどれも塗装してしっかりと乾燥することで、

外壁の下地を固めて強化してくれるものです。

これによって次に塗る塗料の密着性がよくなります。

 

どの下塗り材を使用するかは、現状の外壁の状況から判断します。

どんな状況でも下塗りとは、外壁塗装する際には、必須の工程になります。

 

中塗り・上塗り

外壁にシーラーなどの下塗りした後は、中塗りになります。

中塗りと上塗りでは、同じ材料使いますので、

中塗りと言わずに、上塗り二回と言ったりもします。

 

外壁塗装の二回塗りについて書いてます⇩

no image
外壁塗装で二回塗りって言ったら

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装で二回塗りって、普通ですか?   ハケ兄(はけにい)んん〜…、ちょっと詳しく聞かせてもらえますかな。   外壁塗装で一口に「二回塗り」といっても、 &n ...

続きを見る

 

外壁塗装には吹き付ける塗装もあります。

ローラーを使った塗装だけでなく、

コンプレッサーを使用した塗料を吹き付ける塗装方法もあります。

吹き付け塗装の種類としては、

  • セラミック塗装
  • リシン塗装
  • スタッコ塗装
  • 多彩色塗装

などなど色々あります。

 

ハケ兄(はけにい)
外壁塗装の仕上げ方法として、ペンキ屋としてオススメは、

シリコン系かラジカル塗装のローラー塗装ですね。

フッ素系塗料なんかは地用年数は長いのですが、まだまだ高いですからね。

 

養生ばらし(はずし)

外壁の仕上げ塗りが完了した後、サッシなどの養生をバラしていきます。

養生をバラすとは、とる、めくる、はずす、とかの意味です。

 

窓や扉に掛けてあったナイロンもここで外されます。

 

ハケ兄(はけにい)
お家が一気にスッキリする瞬間なんだな。

 

鉄部、木部など付帯物(役物)の塗装

養生をある程度ばらしていくと、雨戸や雨樋などの塗装になります。

油性のペンキで役物塗装も塗装していきます。

 

鉄部であればペーパーなどでケレンをしてから、

さび止め、上塗りとなります。

 

木部もケレン、木部用下塗り、上塗り、という工程です。

 

SOP塗装について書いてます。⇩

SOP塗装、外壁塗装ではやめたってよ・・・。

外壁塗装に悩んでいるSOP塗装とかOP塗装ってどういうことなんですかね?     ハケ兄(はけにい)SOP・OPね・・・・最近戸建ての外壁塗装ではあまり聞かなくなったね。     1 SOP塗装とは? ...

続きを見る

 

掃除・点検・タッチアップ

塗装が一通り完了した後、

シーリングやペンキで汚してしまった箇所の掃除や、塗り残しがないかの点検、

養生をばらした後のテープのラインの修正やタッチアップなどの工程です。

 

まず塗装職人によって点検作業は行われます。

業者の監督や担当の方によっての点検、検査は一般的にはあるのが普通です

もし工事で

「あそこはあれでいいのかな・・・」「あれおかしいな・・・」

など気になっているところがあるのであれば、

この工程までには伝えておいた方が良いでしょう。

 

足場解体した後であると、修正するのにも大掛かりになってしまうこともあります。

足場解体・引き渡し

足場の撤去作業です。

この時に足場に張ってあるシートも外します。

足場の解体の時間ってどれくらい?ということ書いてます。⇩

外壁塗装の後、足場解体の時間はどのくらいかかる?

外壁塗装の工事が完了した後、飛散防止シート(メッシュシート)を外してからいよいよ足場解体作業になります。   外壁塗装に悩んでいる「外壁塗装最終日、無事に完了してほしい・・・・。足場を解体す ...

続きを見る

 

お家の周囲のゴミの清掃や足場解体による破損などはないかなど確認が終わってようやく外壁塗装工事完了となります。

 

ハケ兄(はけにい)
最後のごみ拾いまでが、塗装業者の仕事なんだな。

外壁塗装の工事中の諸注意点

工事の期間が延びることもあります。

一般的な2階建ての戸建てのお家であれば、

10日から2週間くらいで完了します。」

という説明が多いと思います。

 

足場業者と塗装業者が別会社

これは足場仮設~塗装作業~足場解体までがスムーズな場合の日数です。

足場業者と塗装業者が別会社ということが多いので、

足場を組んですぐに塗装業者が作業に掛かれる、

または、塗装作業が終了したので足場解体がその次の日というような段取りであればスムーズなのですが、

塗装作業は完了しているが足場解体が1週間後ということもよくあります。

天気の問題

また、天気の問題もあります。

外壁塗装の作業は、雨の日は基本的には作業しません。

ですので、予定後期よりも遅れていくことはよくあります。

雨でも作業する場合もあります。

 

塗装職人もプロですので、

あらかじめ天気予報で雨と分かっているときなどは、

雨でも問題ない作業をその雨の日に回すような段取りを組んだりしています。外壁塗装の雨の日ってどうするの?ってこと書いてます。⇩

外壁塗装工事中の洗濯

外壁塗装の工事期間中は、

工程によっては問題なく洗濯できてベランダに干せる日もあります。

 

これに関しては、実際に工事をする業者に確認するのが良いでしょう。

工事の工程表をもとに、

「ベランダ面の作業をしない日」のように、お家の方が洗濯できる日を考えてくれるはずです。

洗濯に関しては、要望として伝えた方が良いでしょう。

 

工事期間中に確認しない状況で洗濯物を干すのはNGです。

 

塗装業者にとっても作業がやりにくくなりますし、

お家の方にとっても洗濯物が汚れる恐れもあります。

 

工事期間中は何かとほこりっぽいので洗濯物を干すときは必ず確認したほうが良いです。

 

 

外壁塗装工事中の留守

お家を留守にするのは基本的には問題ありません。

窓やドアのカギはしっかりかけて中のカーテンもしっかり閉めてから出かけられるのは必須なのですが、

雨戸の鍵やシャッターの鍵は開けておいた方が良いです。

 

高圧洗浄の際に雨戸やシャッターに鍵がかかっていると中の窓やレールをきれいに洗うことができません。

また、外壁の目地のシーリングが雨戸に隠れている場合や雨戸自体の塗装の際に雨戸が動かないと塗装できないことがよくあるのです。

ですので、窓やドアのカギはしっかり閉めて、雨戸のカギは開けておいた方が良いでしょう。

外壁塗装工事中の職人さんへのお茶出し

「職人さんに、お茶出しはどうしたら・・・」

ってちょっと悩んだりしている方もおられますが、

基本的には、なしで大丈夫です。

 

営業の担当の方からは、なしで大丈夫の説明があるのが一般的です。

もし何かされるのであれば、あまり手の込んだことは必要ないです。

缶コーヒーだけとかでもOKです。

十分気持ちは伝わります。

 

職人さんへのお茶出しについて書いてます。⇩

外壁塗装の職人さんに出すお茶がは熱い方がいい?

、 外壁塗装に悩んでいるうちも今度、外壁塗装の工事をするのですが、職人さんにお茶って出した方がいいですよね。冬場は熱いほうがいいですか?   ハケ兄(はけにい)結論からいいますと、無しでも全 ...

続きを見る

その他の外壁塗装工事中のこと書いてますので、ぜひ読んでみてください。⇩

外壁塗装の工事中はエアコン使用できないの?

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の工事中って、 エアコン、給湯器や室外機を換気扇を汚れないようにナイロンで被して使えないのかな? 給湯器の裏って塗装するのかな?   外壁塗装のこんな悩みのある方 ...

続きを見る

外壁塗装はいつやるのが最適な時期

外壁塗装の最適な時期に関してざっくりと説明してみます。

詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。⇩

外壁塗装の塗り替えの最適な時期について塗装屋は考える

外壁塗装やらないといけないんだけど…、塗り替えの時期っていつがいいんだろう…。 外壁の塗装はまだ綺麗なんだけど、新築からもう10年。塗り替えしないとダメかな? ハウスメーカーの外壁塗装の塗り替え時期は ...

続きを見る

 

お家や建物を長期間にわたってきれいな状態を保つためには、

外壁などに経年劣化などの目に見えた傷みが発生する前に、

塗装するのが最適と時期といえます。

 

その外壁が傷む前の最適時期に関して

10年に一回が、外壁塗装の一応の目安」というものです。

 

この期間はあくまでもざっくりとした目安でしかないのですが、間違ってもいません。

 

外壁塗装の最適な時期の目安になるものとしては、

  • 塗料の耐久年数
  • チョーキング現象
  • 緊急事態

などがあります。

 

外壁に使用されている塗料の対候性が目安になる

一般的な戸建てのお家に新築の時に使用されていることが多いのがアクリル樹脂塗料です。

 

アクリル樹脂塗料の耐久年数が約6-8年くらいといわれています。

この耐久年数とは、その塗料の性能が発揮できる期間のことなのですが、

この耐久年数に関しては、メーカーや業者によってバラツキが結構あります。

環境なども影響するところですので、

一概には言えないのです。

 

塗料のグレードに対しての耐久年数の平均的な期間はこんな感じです。下に行くほどグレードが上がっていきます。

 

  • アクリル樹脂6-8
  • ウレタン樹脂8-10
  • シリコン樹脂11-13
  • フッ素樹脂13-15

塗料の耐久年数で見ることも塗り替えの目安になります。

 

現状で壁に塗ってある塗料、

また次に塗る塗料の選択で塗り替えの周期は変わってきます。

 

外壁にチョーキング現象がある

 

外壁の表面が粉っぽくなってくるチョーキング現象が発生するのが塗り替えの一つの目安といわれています。

このチョーキングが一番わかりやすい塗り替えのサインであったりします。

 

チョーキング現象とは、手で壁を触ってみたときに細かい粉が手についてしまう状態を言います。

チョーキング現象は、塗料の性能がすでに落ちてきており、紫外線や直射日光や雨風などによって塗装の表面が劣化してくる状態なのです。

塗料の性能が落ちた状態で徐々にひび割れが発生したり外壁にカビなどが生えやすくなったりします。

外壁のあちこちに目に見えて傷みが出てきている

外壁にクラックや塗装の剥がれなどがあちこちに目に見えてわかるようになっている状況です。

この状況は塗り替えの目安としては、

少し遅めの目安ということになります。

 

緊急性ともとれるサインです。

 

クラック等の放置は、雨水が家内への侵入しやすい状況ですので、

雨漏りの原因となってしまいます。

 

クラックは外から見える大小だけでは、

その深刻度はわからないもので、小さいものでも雨漏りの原因になったりします。雨漏りがわかるのであればまだすぐに対応できるのですが、

外から見えない外壁の中に雨水が侵入し躯体を劣化させることもあります。

 

こうなると気づいた時には、劣化が進んでいる状況ということがあり、

壁をめくって・・・

というような大掛かりな工事になってしまい、

一般的な外壁塗装工事では済まなくなることもあります

 

外壁塗装に適した季節はいつ「外壁塗装に最適な季節はいつですか」、

というのもよく聞かれることなんです。

 

日本海側やよく雪が降る積雪地域以外は、

ほとんど年中、外壁塗装工事はできますので、

「年中オススメです。」といいたいところなんですが、

やはり春(45)か秋(910月)が暑過ぎず、寒過ぎずで人気の季節なんです。

 

理由としては、この季節は比較的天気や気温安定して作業もしやすいので、工程通りに進みやすいことや人に優しい季節ということでしょうか。

ですので、外壁塗装の工事はこの時期は繁忙期になります。

 

工事費用も高めの設定にしてあるところもありますので注意が必要です。

外壁と屋根と付帯部の最適な塗装時期はそれぞれちがいます。

お家全体考えた場合、塗装の塗り替える時期に関して、外壁と屋根、その他鉄部などそれぞれで塗り替え最適時期は違ってきます。

 

屋根は外壁より早い周期で塗り替えたいところです。

屋根の場合は常に雨や風、太陽の光と熱にさらされて、

家を守ってくれていますので、やはり外壁よりは早く傷んできます。

ですので屋根の塗り替え時期が早く来ます。

トタン屋根かカラーベストかなど屋根の種類によってもその時期は違ってきますが、

一般的なカラーベストで7年くらいで塗り替え時期に当たります。

鉄部や木部の塗装の劣化が一番早い

建物の中で鉄部や木部の塗装の劣化が一番早いかもしれません。

新築から3,4年でサビなどの劣化が見えてくることもあります。

 

木製の破風についても書いてます。⇩

破風とは? 塗装したほうが良いですか??

外壁塗装に悩んでいる「破風板のボロボロが気になってるのです・・・。」   ハケ兄(はけにい)「木製の破風板の耐久性が低いのでメンテナンス時期は早く来る・・・。」   外壁塗装に悩ん ...

続きを見る

 

外壁塗装の最適時期について⇩

外壁塗装の塗り替えの最適な時期について塗装屋は考える

外壁塗装やらないといけないんだけど…、塗り替えの時期っていつがいいんだろう…。 外壁の塗装はまだ綺麗なんだけど、新築からもう10年。塗り替えしないとダメかな? ハウスメーカーの外壁塗装の塗り替え時期は ...

続きを見る

 

外壁に塗装するの塗料の種

最近の外壁に使用される塗料はほとんどが水性の合成樹脂塗料です。

水性の塗料は、シンナー系とは違い清水で希釈します。

 

ですので水性独特な匂いはありますが、

油性や溶剤系のようにシンナーの匂いはありません。

稀に外壁を油性や溶剤系でと塗装することもありますが、

油性などのシンナー系の塗料では鉄部や木部を塗装します。

塗料の種類

水性、シンナー系問わず塗料の主な種類は4種類あります。

  • アクリル樹脂塗料
  • ウレタン樹脂塗料
  • アクリルシリコン樹脂塗料
  • フッ素樹脂塗料

があります。

この4種類の塗料には、

それぞれアクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂が含有されています。

下に行くほど、値段、耐久性がグレードアップしていきます。

 

このほかにちょっと特殊な塗料で、

  • 光触媒塗料(太陽の紫外線と雨を活用して、塗膜表面についた汚れを落とすことができる)
  • ラジカル制御型塗料(ラジカルとは紫外線や酸素や水などの劣化因子によって発生する原因の事です。その影響を受けて発生するそのラジカルの影響を受けづらくした塗料)

などがあります。

 

最近の主流はウレタン系の塗料からシリコン系に代わってきています。

また、ラジカル塗料も徐々に認知されてきています。

 

外壁塗装方法の種類

外壁塗装の主な工法は2種類あります。

ローラー塗装と吹き付け塗装です。

ローラー塗装

 

ローラー塗装とは、筒型の樹脂に合成繊維の毛や動物の毛などが付いたローラーで塗装する方法です。

ローラーに塗料をつけて、転がしながら塗装していきます。

幅広い面であっても一気に塗装することができ、使い方も簡単なので、

基本的には誰でもムラなく塗装できます。

塗料の飛散も吹き付け塗装に比べて少なく手軽にできる塗装方法です。

広い面はローラーで、隅っこや細かい塗装には並行して刷毛を使って塗装します。

吹き付け塗装

吹き付け塗装は塗料を吹き付けるためにコンプレッサーなどの機器を使って塗装する方法です。

砂や石などを混ぜて吹き付けるものや、スプレータイプのものもあります。

 

吹き付け塗装は養生が完成したら一気に塗装できますので作業自体は早く済みます。

ただ塗料が飛散しないようにする養生がローラー塗装よりもしっかりとする必要があります。

 

吹き付け塗装は壁に対してバランスよく吹き付けなければいけませんので、

誰でも簡単にできるものではなく、綺麗な仕上がりには経験が必要になります。

 

外壁塗装の塗り、吹き回数について⇩

no image
外壁塗装で二回塗りって言ったら

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装で二回塗りって、普通ですか?   ハケ兄(はけにい)んん〜…、ちょっと詳しく聞かせてもらえますかな。   外壁塗装で一口に「二回塗り」といっても、 &n ...

続きを見る

気になる外壁塗装費用を掘り下げる

「うちの家の外壁塗装っていくらくらいでできるのかな?」

ってやはり一番気になるところですよね。

 

戸建二階建のお家で外壁の塗装面積が150㎡〜200㎡くらいの大きさとして、

足場、屋根 、外壁、ほか付帯部塗装、

全部込みで、ほんとにザックリでいうと100250万円くらいです。

 

この金額はいろんな業者がする見積もりの上からしたまでの金額にこれくらいの開きができるだろうという金額です。

なぜこんなに見積もり金額に開きがあるのでしょうか?

このように金額にかなりの開きがでるのには主な理由が2つあります。

 

塗料のグレードの違い、業者の違いなのです。

塗料のグレード別の相場

外壁塗装の費用はどのグレードの塗料を使用するかでかなり変動します。

ですので外壁塗装の見積もりの比較をする際には、

メーカーによっても差はありますが、

まずは同じグレードの塗料での比較するということが大事になります。

一般的な塗料の金額はこんな感じです。

屋根塗料 耐久年数(あくまでも目安) 費用 (一缶あたり
ウレタン系塗料  約4~6年 5,000~20,000円
シリコン系塗料 約6~9年 15,000~40,000円
フッ素系 約8~10年 40,000~100,000円

 

外壁塗料の耐久年数と費用(一缶あたり)
外壁塗料 耐久年数(あくまでも目安) 費用(一缶あたり)
アクリル系 4~7年程度
5,000~15,000円
ウレタン系 7~11年程度 5,000~20,000円
シリコン 10~12年程度 15,000~40,000円
フッ素 約13年~ 40,000~100,000円

これらはあくまでも目安です。耐久年数とは、どれくらいモツか?ってことです。塗料の性能が発揮される期間ということです。この期間を過ぎたからと行って、すぐに壁が壊れるというものではないです。

 

基本的に耐久年数が高いほど価格も高くなります。

耐久年数の高い塗料を選ぶ場合は、

最初に費用がかかるけど、

次の塗り替えまでを考えれば期間が長くなるなど、

トータルではお得になると考えることができます。

 

aep塗装、ep塗装って何?⇩

aep塗装とかep塗装とか、どういうこと?

「内装はaep塗装でやりましょう!」 「外壁塗装やるんだけどep塗装ってどんなの?」 って思ってる方に、 aep塗装について書いてみます。 ハケ兄(はけにい)ざっくり言っちゃいますと、 塗装屋はaep ...

続きを見る

sop塗装、op塗装って何?⇩

SOP塗装、外壁塗装ではやめたってよ・・・。

外壁塗装に悩んでいるSOP塗装とかOP塗装ってどういうことなんですかね?     ハケ兄(はけにい)SOP・OPね・・・・最近戸建ての外壁塗装ではあまり聞かなくなったね。     1 SOP塗装とは? ...

続きを見る

 

外壁塗装の費用が安くなるかも?助成金・補助金、エコポイントなど外壁塗装のお金ついて書いてます。⇩

外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには条件があります。

ハケ兄(はけにい)外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには以下のような条件があります。   助成金の申請は必ず工事着工前に申請 依頼する業者の事務所や事業所の住所が市内、地域内 外壁塗装 ...

続きを見る

2019年に再開?住宅エコポイント(次世代住宅ポイント制度)って外壁塗装などのリフォームは関係ない?

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装などのリフォームをお得にできないかな・・・?って調べていたら、リフォームでももらえる住宅エコポイントの存在を知ったのですが、外壁塗装や屋根塗装のリフォームでも住宅エコポイン ...

続きを見る

外壁塗装をローンで考えてみたけど・・・

ハケ兄(はけにい)外壁塗装を始めるのにローンがオススメなのはこんな方です。     「手持ちのお金でも対応できるけれど資金を手元に置いておきたい・・・。」 「外壁塗装は費用が溜まる ...

続きを見る

外壁塗装の耐用年数も国税庁が発表しているの?減価償却の期間は?

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の耐用年数って国税庁が決めてるの?どういうこと?   ハケ兄(はけにい)外壁塗装に関係する耐用年数とは、国税庁が発表している建築材ごとの建物の耐用年数と塗料の耐用 ...

続きを見る

 

塗料の選択は業者がやっても難しい場合もあります。

最近の外壁塗装の塗料は開発が進んで種類もたくさんあって塗装業者でもそのすべてを把握しているわけではありません。

塗装業者は使用したことのある同じメーカーの塗料を使用することが多いので、お家の方が知っている塗料を知らないケースもあります。

また、まれに利益重視の塗装業者に高額な塗料をすすめられるというようなこともありますので、塗料に関しての知識もあった方が良いでしょう。

 

一液型?二液型?塗料の事⇩

一戸建ての外壁塗装で使用する一液型・二液型の塗料は・・・実際の例がコレです。

外壁塗装に悩んでいます・・外壁の塗り替え考えています。外壁塗装で使用する塗料で、シリコン塗料やウレタン塗料には、一液型、二液型とありますが、 一般的に一戸建てでの使用されるのにはどちらがいいのでしょう ...

続きを見る

 

業者の種類

同じお家の見積もりなのに合い見積もりで金額に開きができる原因として、

一番大きのが、

どの業者に依頼するのか?

ということなのです。

外壁塗装を行う業者の業務形態として大きくは大きく4つに分けてみます。

  • 大手ハウスメーカー
  • 工務店
  • リフォーム専門店
  • 塗装専門店(ペンキ屋)

といった感じです。

 

4つの業務形態がありますが、

上の3つ

  • 大手ハウスメーカー
  • 工務店
  • リフォーム専門店

に関してはほとんどの場合、

自社で工事するのではなくと塗装会社に下請けとして依頼します。

大手ハウスメーカ―がお客様から戸建ての外壁塗装の塗り替えの依頼を受けました。

大手ハウスメーカーが塗装会社に発注します。

依頼を受けた下請けの塗装会社が出した見積もりに利益を上乗せしてお客様に渡します。

この場合当然、塗装会社の見積もり金額とハウスメーカーの見積もり金額違いますよね?

 

金額だけで考えると塗装会社に直で依頼したほうが断然安いのです。

ただ大手ハウスメーカーは価格は割高でも、施工に関してはやはりビッグネームの安心は得られます。

保証、信頼・信用は間違いなく高いです。
大手ハウスメーカーの場合にはやはり実績がありますので文句も言いやすいですしトラブルの対応力も高いのです。

この点では一長一短なのですが、

どの形態の業者なのかしっかり認識できるようになっておいた方が良いでしょう。

塗装屋さんがちょっと怖い・・・と思う方塗装屋さんについて書いてます。⇩

外壁塗装の塗装屋が怖い…と思う方へ

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の工事をする塗装屋さんて、どんな人たちが来るのかな・・・・、 ちょっと怖いな・・・。   外壁塗装工事の前にちょっと不安に感じているかたも多いと思います。 &nb ...

続きを見る

 

外壁塗装の見積もりに関する注意

バタバタと決めてしまわない

外壁塗装は急いでバタバタと見積もりしてもらって即決するような勢いで工事を決めるようなことはしてはいけません。

間違っても一社だけの見積もりで決めてしまってはかなりの高値で見積もりされる恐れもあります。

必ず、合い見積もりを取って、あなたのお家の外壁塗装の見積もり相場を知っておいた方が良いです。

安すぎるのはだめ

いくら外壁塗装工事費用を安く抑えたくても、あまりに安すぎる見積もりには要注意です。

外壁塗装の工事の費用は掛かるものです。

安すぎる塗装には要注意です。

値切りすぎるな

外壁塗装の見積もりを相見積もりで依頼した場合は、結構ギリギリのところで出してきていることが多いので、

それ以上値切るのは少々マナー違反なところがあります。

外壁塗装は補修だと高くつく

屋根だけとか雨樋だけとか壁の補修だけとかで足場を組んで作業するのは、

また外壁塗り替えで足場を組む必要が出てくるのでとてももったいないです。

ですので屋根、壁、その他付帯部の塗装は同時期にまとめてされる方が多いです。

見積もりでどこを塗ってもらえるかは確認するべし

どこを塗装するのかというそのうち内訳は、

見積もりする業者によって全く違ってきます。

 

見積書に塗装箇所が細かい項目に分かれていて数量と金額が書いてあるのが一般的です。

なのですが、中には塗装工事一式 OOO万円 、

という風にかなり大雑把に書いてあるところもあります。

「うーん、大丈夫??これ」とおもわず言ってしまいそうな内容です。

ですので、依頼する側も外壁塗装の工事では外壁、屋根以外に、付帯部塗装というのがあります。

 

「どこを塗ってもらえるのか?」

ということを把握しておいた方が良いでしょう。

塗装業者の探し方を書いてます。参考にしてください。⇩

外壁塗装の業者の探し方とポイントを徹底的に書いてみました。

    外壁塗装の業者ってどこに頼めばいいの?? 外壁塗装の業者って塗装屋さんじゃないの? 外壁塗装の業者の探し方は・・。   こんな疑問・悩みのある方に向けて書いてみま ...

続きを見る

 

外壁塗装業者を無料で紹介してくれるサイト⇩

無料でオススメの外壁塗装の業者紹介サービス 9選

おすすめのネットの外壁塗装一括見積もりサービスについてちょっと興味のある方に向けた記事です。   最近、地震や台風などの天災や消費税増税などの影響で外壁塗装などのリフォーム業界はとても忙しく ...

続きを見る

 

外壁塗装の塗装屋さんって怖いのかな?⇩

外壁塗装の塗装屋が怖い…と思う方へ

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の工事をする塗装屋さんて、どんな人たちが来るのかな・・・・、 ちょっと怖いな・・・。   外壁塗装工事の前にちょっと不安に感じているかたも多いと思います。 &nb ...

続きを見る

外壁塗装の職人さんへのお茶出しは、アリ?ナシ?⇩

外壁塗装の職人さんに出すお茶がは熱い方がいい?

、 外壁塗装に悩んでいるうちも今度、外壁塗装の工事をするのですが、職人さんにお茶って出した方がいいですよね。冬場は熱いほうがいいですか?   ハケ兄(はけにい)結論からいいますと、無しでも全 ...

続きを見る

 

一般的な付帯部の塗装する箇所

シャッター塗装 1,000~5000円/㎡
工事軒天 6001,400円/㎡
雨樋 6001300円/m
破風板 601200円/㎡
雨戸 2,0006000円/枚
換気フード 500~1000円/㎡
戸袋(とぶくろ) 1,500~2,500円/㎡
PS  

クーラーカバー

 

これ以外にもまだ色々ある場合もあります。

 

業者によって違ってくるところですので要確認です。

外壁塗装の見積もりに関して書いてます。⇩

「外壁の面積・屋根の面積って、どうやって求めるの?」面積の求め方

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装工事の外壁、屋根部分の塗装する面積ってどうやって計算してるのかな? ハケ兄(はけにい)実際に業者がやってる計算方法書いてみます。 0.1 外壁の面積を求める方法0.1.1 ...

続きを見る

 

外壁・屋根の面積ってどうやってわかるの?⇩

「外壁の面積・屋根の面積って、どうやって求めるの?」面積の求め方

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装工事の外壁、屋根部分の塗装する面積ってどうやって計算してるのかな? ハケ兄(はけにい)実際に業者がやってる計算方法書いてみます。 0.1 外壁の面積を求める方法0.1.1 ...

続きを見る

 

外壁塗装は北海道から沖縄までありますが、地方によって相場が違ってますので、

あなたのお家の見積もり金額を知ることは重要なのです。

ネットからも見積もりできるサイトの紹介です。⇩

一級塗装士が答える「外壁塗装の一括見積りができるサイトってどう・・・?」一括見積もりサイト5選

外壁塗装に悩んでいる外壁塗装の一括見積もりにすごく興味があるんですが・・・ ネットから簡単にできる外壁塗装の一括無料見積もりサイトを教えてほしいのです。   外壁塗装の一括見積もりサイトって ...

続きを見る

 

外壁塗装に悩んでいる
そうはいっても外壁塗装のお金がない・・・・

 

って方は市や自治体の助成金・補助金を考えてみるのは一考ですね。⇩

外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには条件があります。

ハケ兄(はけにい)外壁塗装の助成金(補助金)を受け取るためには以下のような条件があります。   助成金の申請は必ず工事着工前に申請 依頼する業者の事務所や事業所の住所が市内、地域内 外壁塗装 ...

続きを見る

 

 

もしもあなたが外壁塗装のDIYとか考えるなら

外壁塗装に悩んでいる
外壁塗装って高いなぁ・・・DIYでやってみようかな・・・・

 

ハケ兄(はけにい)
外壁塗装のDIYに関して、日々外壁塗装をやっている塗装職人からちょっと言わせてもらいますね。

 

塗装のプロでもまずは安全第一なんです

外壁塗装は、塗るという部分だけをとってみると簡単そうで実際できると思うのですが、

塗るまでの工程が大変なのです。

 

高いところを塗るための足場や塗料が近隣へ飛散しないようにしたりする養生など塗る作業以前にいろいろとあるわけです。

もし、

ペンキ塗り楽しそう!初めて塗装します!

というような方には、

自分でやるDIYでのお家の外壁塗装は全くおすすめしません。

 

足場や脚立での作業は本当に危険ですのでやめましょう。

 

多少の心得がある方であっても、

危険が伴う作業ですのでやはりDIYのおすすめはできません。

 

だだし・・・

ただし、なのですが、

お家の外壁で足場も脚立もいらない一部分だけ、とか、

塀だけとか、

安全にまた近隣へ塗料飛散の影響などがないところであればDIYでもよいかもしれません。

 

一例として、

モルタルの外壁、塀を水性塗料のローラー塗りで仕上げるのに必要なものを紹介してみます。

例 モルタル外壁、塀塗装のDIYで必要なもの

 

※身近なところでそろえられるように、必要なものにコーナンのリンクをはりました。

 

 

まとめ

外壁塗装はやらなくてもやらなくても、今日明日は問題なく住んでいられるかもしれません。

しかし、目に見えないところで傷み始めていても気づかないでいると、

数年後には家に住むことができなくなる可能性もあります。

 

そうならないためにも、外壁塗装でお家を守って長くきれいに保っていきましょう。

 

宝塚市・川西市・伊丹市の外壁塗装業者おすすめ業者

宝塚市でオススメ外壁塗装業者 オススメ9選

外壁塗装に悩んでいる宝塚市で外壁塗装を考えてるのですが、 たくさん業者があってよくわからないのです・・・・。 宝塚市で外壁塗装ってどこに頼めばいいのですか・・・・? ハケ兄(はけにい) そういう方、多 ...

続きを見る

川西市でオススメ外壁塗装の業者5選

外壁塗装に悩んでいる川西市で外壁塗装するならココ!!って業者知りたいんだけど・・・ ハケ兄(はけにい)兵庫県川西市にはたくさんの優良な外壁塗装業者がいるんだけど、 ココだ!ってオススメの業者5選を紹介 ...

続きを見る

伊丹市で外壁塗装するならオススメ外壁塗装業者7選!

外壁塗装に悩んでいる伊丹市で外壁塗装を考えているのですが、 外壁塗装をやってくれる良い評判の塗装業者さんを教えてください。 ハケ兄(はけにい)わかりました、伊丹市の外壁塗装の業者さんですね。 ただ外壁 ...

続きを見る

 

-外壁塗装の基本
-

Copyright© ハケヌリ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.